Show MenuHide Menu

カードローンの利用者は自分に正直であれ

2015年5月18日

人間とは、時々、嘘を付いてしまう生き物です。

他人にも嘘を付くことがありますし、自分にも嘘を付くことがあります。

しかしどんな場合でも、基本的に嘘はいけません。何事も正直であってこそ、平穏無事な人生を歩んでゆくことができるのです。

カードローンの利用もまた、自分に正直でなければなりません。たとえば自分の返済能力がどの程度であるのかは、胸に手を当ててみれば分かることです。

ですから、今の自分に相応しい借り入れ金額は自ずと分かるのです。何円くらいの借り入れならば安全に確実に返済できると、自分自身、全て分かっているのです。

しかし、それにも関わらず自分を偽って多額の借り入れをしてしまったら、一体、返済はどうなってしまうのでしょうか。もしも自分の返済能力を超えるお金を借りてしまえば、返済トラブルや金融事故や自己破産などが待っているだけです。

そんなことにならないようにするためにも、カードローンの利用に際しては、絶対に自分に嘘を付いてはいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です