Show MenuHide Menu

カードローンのすすめ

2015年5月24日

皆さんはカードローンを利用されたことはありますか?

カードローンと聞くとマイナスのイメージの強い方もいることでしょう。しかし、計画的に利用し、きちんと返済を行っていけば大変便利に利用することができます。

例えば、急に予定外の出費が生じてしまい、どうしても当日中に1万円が必要になった場合。カードローンは全国のATMに対応している場合がほとんどですので、いつでもお金を借りることが可能になります。

また、サービスによっては、当日中に申し込み手続きも完了できるところや、当月中の返済であれば利息のかからないものもあり、困ったときの強い味方となってくれます。

もちろん、使いすぎには要注意。返済期限を過ぎれば、催促の電話や手紙も届きますし、利息も延滞利息が加算されてしまい、返済してもなかなか元金の減っていかない状態になってしまいます。

正しく計画的に利用すれば、困ったときの強い味方になってくれるカードローン。みなさんもお近くで契約してみてはいかがでしょうか。

おまとめローン代わりには向かない!

2015年5月20日

借り入れを複数社にまたがり多く抱えてしまっている方に取って救いの手となるおまとめローンをご存知でしょうか。複数社の借入分をおまとめローンという商品名のローンで一括で借りて他を返済し、金利を下げた状態で1社分だけ毎月返済するという方法です。

ですがこの手法がわかっていてもおまとめローンという商品があることを知らない方も多いようで、事前に誰でも契約出来て持っている方も多いクレジットカードのローン枠を使って同じことをされることもあるようです。

ですがこれは賢いとは言えません。カードローンは言わばフリーローンと同様なので金利が基本的に高めに設定されています。ですがおまとめローンはそれよりも金利が低いことが多いため返済総額をなるべく低くすることもできるのです。

もちろんおまとめローンの審査が通らないというのであればカードローンで賄うというのも方法の一つですが、可能なのであればおまとめローンでまとめて管理をしましょう。

カードローンの利用者は自分に正直であれ

2015年5月18日

人間とは、時々、嘘を付いてしまう生き物です。

他人にも嘘を付くことがありますし、自分にも嘘を付くことがあります。

しかしどんな場合でも、基本的に嘘はいけません。何事も正直であってこそ、平穏無事な人生を歩んでゆくことができるのです。

カードローンの利用もまた、自分に正直でなければなりません。たとえば自分の返済能力がどの程度であるのかは、胸に手を当ててみれば分かることです。

ですから、今の自分に相応しい借り入れ金額は自ずと分かるのです。何円くらいの借り入れならば安全に確実に返済できると、自分自身、全て分かっているのです。

しかし、それにも関わらず自分を偽って多額の借り入れをしてしまったら、一体、返済はどうなってしまうのでしょうか。もしも自分の返済能力を超えるお金を借りてしまえば、返済トラブルや金融事故や自己破産などが待っているだけです。

そんなことにならないようにするためにも、カードローンの利用に際しては、絶対に自分に嘘を付いてはいけないのです。

カードローンは簡単に借りられて便利

2015年5月12日

カードローンは他の方法で借りるよりも融通がききやすい借り方です。
勿論借りる前に一定の審査はあります。

ただ、少額であれば収入証明も不要な場合もあって比較的簡単に審査を通過できます。
カードの発行も早ければ即日で、その日からお金を借りる事ができます。

また、カードローンは最初に設定した限度額の範囲内であれば何度もお金を借りられます。
しかも提携ATMであればすぐにお金を引き出す事ができるので、

コンビニなんかで必要な時にすぐにお金を借りれるのが特徴です。
もちろん返済もATMから行えます。

逆にこの手軽さがデメリットにもなります。
簡単に借りられて何度も利用できるので完済するのが難しいようです。
事前に返済計画を自分でしっかり立てておくと良いでしょう。

カードローンでは借りられる限度額が設定されていますが、
これは必要に応じて上限の引き上げも可能です。
勿論その際には再度審査がありますが、
定期的な収入がある場合はある程度までは普通に審査を通過できます。

基本的にカードローンは利用者からするととても便利なので、
必要に応じて便利に利用しましょう。

周囲の視線が気になる人は銀行カードローンを

2015年5月3日

カードローンを実際に利用する際に周囲の視線が気になる方は、消費者金融系ではなく銀行系を利用されることをお薦めします。

いざお金を借りる際に、その現場を友人や知人に見られたくないという方は多いと思いますが、消費者金融カードローンの場合、その専用ATMを利用してお金を借りるので、その現場を目撃されてしまった際にはあからさまにばれてしまいます。

しかしながら、銀行カードローンの場合は、銀行店舗内に設置されている普通口座等の所有者が利用するATMと同じものを使ってお金を借りるため、銀行口座からお金を引き落としたのか、カードローンでお金を借りたのか周囲の人々からは判別ができません。

但し、キャッシュカードは銀行カードローン専用のものになるため、不注意で床に落としてしまって他人に見られないよう注意が必要です。

さらに返済時も、利用している銀行カードローンと同一の銀行で口座を開いていれば、設定期日に自動的にその口座から返済されるので、その点も消費者金融系よりも便利です。